大阪府豊中市 軽量鉄骨造 解体工事

大阪府豊中市で行った軽量鉄骨造の解体工事の事例をご紹介します。
今回は海外にお住いの依頼主様で、遺産相続した実家の処分に困っておられたようです。仕事やご家族の事情で簡単に帰国することもできず、3年ほど実家を放置していたところ、近所の方から「庭がジャングルのようになっている」と指摘されたとのことです。
実は、空き家の庭における「草木の繁茂」は空き家での苦情のトップであるともいわれています。また、猫やアライグマが住み着いたり、ハチの巣ができたりして、近隣の迷惑なることも考えられます。
ご依頼主様は海外在住でしたが、弊社のメール問い合わせを通してご相談され、その後はLINEを使った連絡で対応させていただきました。時差の関係で連絡可能な時間が限られる中、ご質問は随時LINEトークに残していただき、LINE通話で回答させていただく形で進めることができました。
解体工事が完了してから帰国され、更地になった土地を見て満足していただけました。
TRYZ(トライズ)では、お電話、メールフォーム、LINEにてお問い合わせ可能です。海外を含め遠方にお住まいの方でも、ライフスタイルに合わせて最適な方法でご相談いただけます。解体工事のことなら、どうぞお気軽にTRYZ(トライズ)までお問い合わせください!

大阪府豊中市

建物 軽量鉄骨造二階建て
延床面積 36.6坪
解体費用 128.4万円
解体期間 8日
お客様の声


遺産として受け継いだ豊中市にある実家の処分に困り、解体工事をお願いしました。


海外在住のため、なかなか帰国できずに放置していたところ、庭の草木が伸び放題で近所に迷惑をかけてしまいました。業者にお願いして庭の草取りをしたのですが、数か月後には再び元に戻り、近所の方から「ジャングル」と言われてしまいました。


そこで、インターネットで解決策を調査していたところ、解体工事の情報が得られました。今後も豊中市に住む予定がなかったため、更地にしてしまうことにメリットがあるとわかり、今度は解体工事の業者探しに取り掛かりました。複数の業者が見つかったのですが、TRYZ(トライズ)さんはメールフォームでの問い合わせ後に、すぐにLINEでの相談を紹介してくださり、担当の方が臨機応変に対応してくださいました。


解体工事の依頼は初めてのことで、時差もあり限られた時間にすべてを質問することはできませんでした。そこで担当の方は、いつでも思いついた時にLINEトークに質問を残すよう提案してくださり、そのまま見積もりや契約などもスムーズに進めることができました。依頼者本人が不在の中、解体工事も無事完了し、その後の短期間の一時帰国で現場を確認させていただき、必要な手続きも終えられました。


近所の方にも挨拶に行ったところ、「あっという間に終わったわよ、いい業者さんが見つかってよかったわね」と言われました。LINEでのやり取りで、担当者の対応が丁寧で非常によかったのですが、作業スタッフの質もたいへんよかったことがわかり、TRYZ(トライズ)さんにお願いして正解だったと思っています。