大阪府豊中市 木造家屋 解体工事

大阪府豊中市で行った木造家屋の解体工事の事例をご紹介します。
こちらの建物は、依頼者様が遺産相続した木造二階建てで、亡くなられたお母様の遺品整理や不用品処分も同時に依頼したいとのことでした。
建物内には依頼者様では処理しきれないほどの遺品・不用品・粗大ごみが大量に残っており、これらの処理も同時に行える解体工事業者を探していたようです。
解体工事の費用を抑えるコツに、不用品をできるだけ事前に処分して、空き家状態にしておくことが挙げられます。ただし今回のように、個人で処分できないほどの大量の不用品は、業者に依頼して適正に処分する必要があります。
解体工事業者の中には、不用品の処分を引き受けるものの、不法投棄をして後から罰せられるケースがあるため注意が必要です。特に、見積もりの段階で価格があまりにも低い場合は、不法投棄をする悪質な業者の可能性があります。
この度のご依頼では、豊中市を担当している弊社スタッフが現地調査の上、不用品処分や遺品整理にかかる費用もしっかりと見積もりに反映させ、依頼者様にわかりやすいようご提示させていただきました。
他社と比較して見積価格は決して安くありませんでしたが、見積書の内容に納得され、最終的には追加費用の発生もなかったことに大変満足されていました。
TRYZ(トライズ)は解体工事・廃棄処理における免許を取得した正規解体業者で、大量の不用品・粗大ごみの処分や、遺品整理・不用品回収を安心してお任せいただけます。詳しくはTRYZ(トライズ)まで直接ご相談ください!

大阪府豊中市

建物 木造二階建て
延床面積 30.2坪
解体費用 188.2万円
解体期間 11日
お客様の声

年老いた母が亡くなり、実家の木造二階建てを遺産として相続しました。
ただ、同じ豊中市にマイホームを建てていたため、実家は建物を解体し更地にして売却することにしました。


母は生前、物を集めるのが趣味で、海外旅行で買いあさった絵画や骨とう品が山のようにあり、処分に困っていました。価値のありそうなものは買取業者に持って行きましたが、わたし個人では処分できないほどの量があり、ほかにも不用品や粗大ごみが大量にあったため、これらの処分をまとめて引き受けてくれる解体工事業者を探していました。
解体工事業者による不法投棄の問題をニュースで見たことがあり、悪質業者に引っかからないよう慎重にネットで検索していたところ、TRYZ(トライズ)さんのホームページが見つかり早速お問い合わせフォームで相談しました。


ホームページにもあるように、解体工事業者に直接依頼することで費用を抑えられ、遺品整理や不用品処分もまとめて依頼できるとのことでした。豊中市担当者に現地調査を依頼し、見積書を出してもらったところ、決して安くはありませんでしたが、不用品処分や遺品整理の項目も具体的に記載されていて、安心感が得られました。


現地調査をしっかりと行ってくれていたので、解体工事の期間中にトラブルが発生することはなく、予定通りスムーズに作業が進みました。後から追加料金を請求する業者もあるようですが、TRYZ(トライズ)さんはそのようなことはなく、見積もり提示どおりの価格だったのでよかったです。